〜ジョグジャカルタより〜APEXインターン生のブログ

主にインドネシアにて環境・エネルギーの分野で活動をしている、特定非営利活動法人Asian People's Exchange (APEX)のインターン生としてのブログです。インドネシアで生活していて面白いと思ったこと、当団体の活動やインドネシアの良さを発信していきます。

中央ジャワでの排水処理施設メンテナンスの実施

こんにちは!インターンの大野です。
今回は9月下旬に行った中央ジャワでの排水処理システムのメンテナンスの報告をしたいと思います。
 
テガール県 Google マップ

カロンガン県 Google マップ

テガール県はジョグジャカルタのPUSTEKLIMのオフィスから250kmほど離れており、プカロンガンはその道のりにあります。かなり遠い出張となりました? 

 

 今回はメンテナンスの様子の一部をお伝えしたいと思います。

スレロック バル地域
1か月電気が止まっていた状態でしたが、国からの電気が再び接続されて電気系統の故障はありませんでした

        f:id:ohno-san:20161020134845j:plain

           排水処理装置の電気系統は異常なし

 

好気性排水処理装置である回転円板のモーターが伸びていたので鉄柵を一時的に取り外して、位置の調節を行ったところ、問題なく運転が再開されました。

   f:id:ohno-san:20161020134752j:plain

一ヶ月ほど運転が行えていなかったため草がチェーンの方まで伸びてきている。経年劣化によってチェーンが伸びてしまっている様子。

 

     f:id:ohno-san:20161020134902j:plain

盗難防止用の鉄柵を外した後に、据え付けたモーターを一旦外し、チェーンがたるまないように位置の調整を行いました。

この他にも3件のメンテナンスと状況の確認を行いましたが、住民のメンテナンスが不十分であったり、本来ならば連続運転が好ましいのですが節電のため回転円板が4日ほど止められていたりという不備が目立ちました。

メンテナンスののちに、PUSTEKLIMのスタッフが住民へメンテナンスに関する指導を行い、故障が起こる前に定期的にメンテナンスを行い、連続運転を図るようにお願いをしました。

 これからも住民たちでの完全な持続運転ができるように、定期的に運転管理のメンテナンス、指導を行っていきます。