読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〜ジョグジャカルタより〜APEXインターン生のブログ

主にインドネシアにて環境・エネルギーの分野で活動をしている、特定非営利活動法人Asian People's Exchange (APEX)のインターン生としてのブログです。インドネシアで生活していて面白いと思ったこと、当団体の活動やインドネシアの良さを発信していきます。

APEXスタディツアーを終えて 〜ジョグジャカルタ編〜

みなさんこんにちは、インターンの大野です。

今回は、先日開催されたAPEXのスタディツアーの内容を更新します。

 

 僕がAPEXのスタディツアーに初めて参加したのがちょうど2年前の夏頃で、フローレス島、バリ島、ジョグジャカルタでの密な体験を今でも鮮明に覚えています。今回は、インターン生としてジョグジャで参加者を迎えることになるとは想像していませんでした。

 

ジョグジャカルタ1日目 〜排水処理事業〜

ジョグジャカルタでは、現地の適正技術排水処理技術センター ( PUSTEKLIM ) とディアン・デサ財団 ( Yayasan Dian Desa ) の事務所訪問や排水処理プロジェクトの様子を見学しました。

PUSTEKLIMにて排水処理事業の全体の説明を行ったのち、実際に排水処理設備の導入されている村に訪れて見学をしました。

1件目のクリチャック村では、施設を管理していただいている方に普段の維持管理の内容や導入後の衛生環境の改善の様子などを話していただきました。また、各村では各家庭から維持管理費用を集金しており住民たちで負担を相談し合いながら、現在に至るまで運用を持続的に行っています。

f:id:ohno-san:20160822202857j:plain

クリチャック・キドゥール地区にて参加者と村の排水処理施設管理者との質疑応答の様子

 

 カラングワル村においても担当者の方から熱の入った説明をしていただきました。処理を終えた後の水が溜められている水槽には鯉が飼われており、村の排水を再利用できることとMCK(水浴、洗濯、トイレを行える水場)の管理費用が安いということを強調してお話をいただきました。

f:id:ohno-san:20160822203742j:plain

 カラングワル村にて排水処理設備の説明を受ける参加者

 

 

排水処理設備の見学が終わった後、スクナン村へと移動します。

スクナン村はゴミの再生利用、コンポストの作成、エコツーリズムを行なっている現地でも有名な村で海外からの視察もよく来られるそうです。

こちらでは、スクナン村でのプロジェクト説明を終えた後、村で食事をいただき、インドネシアの伝統音楽のガムラン演奏体験やホームステイを行いました。

f:id:ohno-san:20160822205032j:plain

ガムランの演奏体験が終わり集合写真! 3曲もひけるようになりました!

 

 

ジョグジャカルタ2日目 〜バイオマスガス化事業〜

 スクナン村での朝食とプラスチックごみからの小物作り体験を終えたのち、PUSTEKLIMへと向かいます。2日目は主にバイオマス事業についての説明、モデルプラントの見学を行いました。

 

f:id:ohno-san:20160822205511j:plain

APEX代表の田中によるバイオマスガス化事業についての説明の様子

お昼休憩の時間にも事業や技術に関する活発な質疑応答がありました。

 

f:id:ohno-san:20160822205541j:plain

バイオマスガス化事業、コールドモデルについての説明

実証実験に向けての準備を行っている最中です。午後からは、事務所から北に位置するモデルプラントの見学やディアン・デサ財団の訪問などを行いました。終わりには、ディアン・デサ財団のリーダーのアントンさんと、スタディツアーを終えて感じたことなどを共有したり、議論する場が設けられました。

 

APEXスタディーツアーを終えて、参加者の皆さんがジョグジャにて有意義な時間を過ごされたようでホッとしています。参加者の一人に一番ジョグジャで思い出に残ったことは?と尋ねると、ガムランの演奏体験がとても楽しく印象に残ったと答えていただきました。

スタディツアー中に、大雨や渋滞に遭ってしまったものの概ね予定どおりにトラブルもなく、無事終えることができました。2年前の参加者としての立場と現地で案内する側の立場の両方を体験できたのは自分自身の成長にも繋がることだと感じています。

 

インターン 大野

 

レバランに向かうバリ島へ

みなさんおはようございます!

 

現在、断食明け大祭(レバラン)を前にしたバリ島に来ております。

特に飛行機の行き交う夕方には超混雑していて、車で空港から出るまで15分もかかりました。

今年のラマダンは6月6日から7月5日までで、断食明けを家族で祝うためにそれに向けて一斉に田舎に帰省します。(断食明けの休みは7月の上旬あたり)

f:id:ohno-san:20160703102344j:plain

ジョグジャのスーパーに売っていたIdul Fitri用のお菓子の詰め合わせ

 

まさにインドネシアの文化といった感じで、日本でいうお盆と正月が混ざったような親戚と家族の集まる時期と似ているようにも感じます。

 

日本への一時帰国

みなさんこんにちは!

APEXインターン生の大野です。

2ヶ月の語学研修も終わり、インドネシア語は日常会話やインドネシアのコメディードラマなども楽しめるようになるほど上達しました!

 

現在は日本に一時帰国中です。今回の当初の帰国目的は、次回渡航のビザの取得のためだったのですが日本でのビザ取得の手続きが難しいため、次回は観光ビザで入国してからシンガポールインドネシアの社会文化ビザの取得予定です。

なかなか予定通りにはいきません!

 

しかし、今回の帰国では久しぶりに家族にも会えてお互い元気な姿を見れたのでとても良かったです!(実は帰国の一週間前に虫歯で歯が欠けてしまったのでちょうど良いタイミングでした 笑)

f:id:ohno-san:20160620211814j:plain

     2ヶ月半ぶりの家族写真、次に会えるのは8ヵ月後の来年の2月です (T_T)

 

インドネシアのホームステイ先のお母さんにお土産にバティック(インドネシアのろうけつ染の伝統的な生地)の服をいただいて、父が早速着ています。向こうのお母さんも写真を見て喜んでくれました!

次回の渡航からは、PUSTEKLIM(適正技術排水処理センター)での排水処理プロジェクトへの参加を行う予定なので、その内容や現場からみれる仕事の良さなども紹介していけたらと思います。

 

それでは!

 

インドネシア語の発音は難しい!〜飲食店にて〜

みなさんこんにちは!Selamat siang!

APEXインターンの大野です。

 

インドネシア語の勉強を始めてから1ヶ月が過ぎ、飲食店や友達との会話などちょっとした日常会話程度であれば話せるようになりました。

コンビニに行ってお会計の時に値段が聞き取れず、あたふたしていた頃と比べれば少しずつ成長できています。依然、PUSTEKLIM( 排水処理適正技術センター)でのインドネシア語での会議の内容は理解が追いつきませんが、会議参加とリスニングの勉強も兼ねて知っている単語やフレーズをひたすら書き出しています。

 

さてみなさん、この料理の名前を知っていますか?

ーそう、ナシゴレンです

ではこの上に乗っているものは何でしょう? ある日、飲食店に行った時のお話です。

f:id:ohno-san:20160518110427p:plain

ある日のこと、

行きつけの飲食店に行き、目玉焼きを乗せたナシゴレン( Nasi goreng pakai Telur )が欲しくて注文したのですが、上の写真の料理が出てきました。

どう見ても茄子です。

なぜこんなことが起きてしまったのか、解説します。僕は Telur ( 卵 ) と言っていたつもりでしたが、店員さんには Terong ( 茄子 ) と聞こえていたようです。

インドネシア語では  l と発音し rル”ル”  と発音します。(インドネシア語→日本語の発音なので少し適当ではないですが)

なので、舌をまくポイントを間違えてかつ発音が悪かったせいで茄子に化けたということです。これはこれでとても美味しく、かつ勉強になったのでこの失敗を活かしていきたいと思います😲

それではまた!Sampai jumpa!

ジョグジャカルタからのご挨拶

みなさん、初めまして!APEXインターンの大野翔平です。

 

私は現在、香川高等専門学校の専攻科2年(大学4年生相当)で休学してこちらに留学に来ています。学校では、特に水環境分野に力を入れて、土木・環境のことを学んできました。

そして、留学を機にこの4月から来年の2月いっぱいまで、インドネシアをフィールドとしたインターンシップとしてAPEXに受け入れていただきました。

 

今は、週5でインドネシア語の語学学校に通いながら、週1でインターンの準備としてPUSTEKLIM(現地、ジョグジャカルタにある排水処理適正技術センター)で活動しています。こちらの生活にも慣れ始めた頃で、現地の友達や先生とインドネシア語での簡単なコミュニケーションを取れる楽しさを実感しています!

 

この11ヶ月という長い期間で、現地の環境改善に対してどれだけの自立支援ができるのか?と考えていましたが、むしろこちらに来てからは、語学や生活の面で本当に彼らにお世話になりっぱなしです!!

インドネシアで環境のこと、エネルギーのことを彼らと一緒に学び、考え、そして少しずつ形にできる1年にしたいと思っています!

 

f:id:ohno-san:20160501124700j:plain

左:APEX ジョグジャカルタ駐在員の須藤さん。今年の4月からジャカルタからジョグジャに異動されてきました。仕事もプライベートでもお世話になっています!楽しいです!

中央:大野 髪が長かったので最近自分で切りました。

右:技術部門の現地統括をされているHermanさん、2年ぶりの再会!お土産の焼酎でご満悦😋

 

それではまた!Sampai Jumpa!